• 047-434-8899

LINE公式アカウント

お口のケア

個人にあった虫歯予防、歯周病予防と言うのは、ひとそれぞれ違います。ご自分のライフスタイルに適した予防法を提案させていただくことで、「一生噛める自分の歯」を一緒に守っていきましょう。

予防治療とは

– ABOUT –

患者様の中には歯医者さんは「歯が痛くなってから行くところ」という認識の方が多くいらっしゃるかと思います。
実は欧米などの歯科の治療の進んだ海外諸国では「歯科は虫歯や歯周病予防をするところ」という考えられる方が多いのです。国ごとの保険制度の違いなどもあるかもしれませんが、日本では虫歯や歯周病などが発症してから受ける方も多いのが現状です。
実際のところ、定期的なお口のケア、メインテナンスを受ける事にはどのような意味があるのでしょうか。

予防のメリット

– MERIT –

治療費用や通院の時間などの負担の軽減

昨今の治療技術の進歩により、虫歯治療や歯周病治療は抜かないで済むケースも出てきました。しかしそれらの治療を精密に受診するには保険適用の範囲外もあり、虫歯や歯周病が重度に進んだ場合はそういった治療が必要になります。
お口のケアで口腔内の環境を清潔に保つことでコストや時間、また体への負担も抑えることが出来るのです。

虫歯や歯周病を未然に防ぐ

虫歯や歯周病の発症の基はお口の中にある原因菌の影響ですが、これらが繁殖するのはお口の中の汚れや食べかすを基に形成された歯垢(プラーク)や歯石です。
定期的な予防治療やメインテナンス、歯のクリーニングを行うことでプラークを軽減させ、病気の発症を未然に防ぐことが可能なのです。

当クリニックの予防治療

– PREVENTIVE –

PMTC(衛生士による歯のクリーニング)

歯と歯、歯と歯ぐきの間には、歯垢やバイオフィルムなど様々な汚れが蓄積しています。これらはセルフケアでは除去できないため、歯科衛生士が専用の機械で丁寧にクリーニング。最後にフッ素入りのペーストを使って、滑らかに仕上げていきます。虫歯や歯周病予防に効果的で、なおかつお口の中がさっぱりと気持ち良くなると好評です

ブラッシング指導

丁寧に歯磨きしているつもりでも、その人独自の磨き残しは必ず存在します。そこで当院ではブラッシング指導を丁寧に行い、汚れの残りやすい箇所などを患者様と一緒に検討していきます。歯ブラシの持ち方、動かし方、力の入れ方などの基本的な考えから、デンタルフロスの使い方まで、セルフケアを効果的に行うための知識を全てお伝えいたします。

スケーリング(歯石取り)

磨き残しがあると発生する細菌の塊である歯垢(プラーク)。歯垢は唾液に含まれるカルシウムなどの成分と結合し、歯石になります。歯石はブラッシングでは取ることが出来ず、細菌がこびりつくことで、虫歯や歯周病がどんどん進行してしまいます。そのため、定期的に歯科医院においてスケーリングと呼ばれる処置を行い、歯石を除去する必要があるのです。

ページトップへ戻る