• 047-434-8899

LINE公式アカウント

矯正歯科

歯列矯正は、出っ歯・乱ぐい歯・八重歯・受け口など、噛み合わせの悪い歯並びを、自分の歯を生かしたまま治療することです。単に美しい歯並びにするというだけでなく、歯槽膿漏・虫歯・咀嚼障害等の病気を予防するためにも重要な歯科治療です。

矯正歯科の重要性

– IMPORTANCE –

健康面や審美面において様々なトラブルを引き起こす「歯列不正」。歯並びが悪化すると、以下のような問題が出てきます。

  • 噛むと力が一部分に集中するので、特定の歯にダメージが蓄積
  • 歯を気にして笑顔になれないなど、心理的なコンプレックスが生じる
  • 歯が重なったり、傾いたりするとブラッシングが困難に
  • きちんと噛めないため、食事の栄養素が十分摂取できない
  • 舌が正しく動かせないので、特定の発音に問題が出てくる

年代別歯列矯正方法

– CORRECTIONS BY AGE –

10代

10代は多感な時期なので、矯正治療を始める際に様々な葛藤が生じます。「歯並びは気になるけれど、矯正治療は目立つからしたくない・・・」そのような声も伺います。
しかし、当院では透明なマウスピース矯正や白いセラミック矯正などをご用意。外から見ても目立ちません。また最近では、カラーゴムを使って、ファッション感覚で矯正を進めるお子さんも増えてきました。

20代・30代

費用や来院回数などが気になって、社会人になってから矯正を始めるのには少し勇気が必要かもしれません。
ですが、歯が綺麗に整えば、横顔の鼻と顎を結ぶ直線、いわゆる美人の条件である「Eライン」に唇が収まって、美しい口元と横顔が手に入ります。また社会人になってからの治療は、ご本人の続ける意思が強いので、良好な結果に終わることが多い傾向にあります

40代~70代

当院では、シニア層も歯列矯正を始めるケースが増えています。歯並びが悪いと、肩こりや腰痛を悪化させるとも言われており、慢性的な不調が歯列矯正によって改善する例も報告されています。
また、矯正によってしっかり食べ物を噛めるようになると、消化器に負担がかからず、身体全体にも力が入るようになるので、健康面にも優れたメリットがあります。

今からでも遅くない大人の為の歯列矯正

「矯正」と聞くと、子供のときにしか出来ないと思っている方はまだまだ多いようです。
しかし、現在ではマウスピースや白いワイヤーを使った矯正など、幅広い年代のお悩みに対応する治療法が増えています。矯正は歯がある限り行えるため、治療をスタートするのに遅すぎることは決してありません。歯並びや噛み合わせを整えれば見た目が良くなるだけではなく、体のバランスも改善されるので、肩こりや頭痛が解消したり、運動パフォーマンスが向上したりと様々な効果が見込めます。

ページトップへ戻る