• 047-434-8899

一般歯科

「一般歯科」とは虫歯や歯槽膿漏の治療など、通常患者様が歯科医院に通院した際に受ける一般的な歯科治療です。

虫歯治療について

– ABOUT –

歯磨きが不十分だったり、日頃から糖分の摂取量が多かったりすると、細菌の活動が活発になり、ネバネバとした黄白色の歯垢(プラーク)を形成します。
なかでもミュータンス菌は、糖質を餌にして酸を作り出すことで歯を溶かします。これが虫歯の始まりです。丁寧にブラッシングをすれば予防できますが、歯磨きの仕方を間違えていたり、磨くのを怠ったりすると、気づかないところで徐々に進行します。また一口に虫歯と言っても、免疫力、食習慣など様々な要因が影響しあっているので、一人ひとりに応じた治療計画が必要になります。

・清掃面 磨き残しによって発生する食べカスは細菌の格好の餌です。磨き方が悪いと虫歯のリスクを高めます。
・飲食習慣 食事回数や糖分の摂取量が多い方は、様々な歯のトラブルを引き起こすので要注意です。
・細菌の状態 細菌の種類や数は人によって異なります。なかには虫歯の原因となる細菌が人より多い方もいらっしゃいます。
・唾液分泌量 唾液には口腔内を健康に保つ様々な作用があります(抗菌作用や清掃作用など)。しかし、ストレスや生活習慣などで唾液の分泌量が少なくなると、細菌の棲みやすい環境になります。
・緩衝能 食事をした際、口の中は酸性に傾きます。その際、分泌される唾液には酸を中和する効能があります。この緩衝能の働きが悪い方は、常にお口の中が酸性状態です。結果として虫歯リスクを高めます。

虫歯の進行

– FLOW –

C1


歯の表面(エナメル質)の限られた狭い範囲に穴ができている状態。

【症状】
表面の黒い色の変化が見られますが痛みやしみる感じはほぼありません。

【治療法】
患部を削っていきレジン(歯科用プラスチック)を詰めていく初期の虫歯治療を行っていきます。治療後にフッ素塗布などで対応していきます。

C2


虫歯菌が象牙質の中(歯の内部)に広がった状態。

【症状】
冷たい飲食物で痛みを感じる。

【治療法】
患部を削っていき、詰め物、被せ物を施していきます。

C3


虫歯が神経(歯髄)まで進んでいる状態。
表面の穴は必ずしも大きくなく、内部で広がっていることがある。

【症状】
歯を磨く時などでも激しい痛みがある。

【治療法】
歯の根の部分治療(根管治療)が必要になります。早急に歯科医院へご来院いただき、まず診察を受けていただくことをお薦めします。

C4


歯冠部(歯ぐき〈歯肉〉から上の見える部分)がほとんど崩壊し、歯根だけ残った状態。

【症状】
神経(歯髄)が死んでしまい、痛みを感じなくなる。神経(歯髄)が露出し、細菌に感染すると、根の先に膿が溜まったり、痛みが起こったりすることがある。

【治療法】
なるべく歯が残せるよう治療を行いますが、場合によっては抜歯し、入れ歯、ブリッジなどインプラントなどをご提案いたします。

当クリニックの虫歯治療

– CAVITY TREATMENT –

安心して受けていただける虫歯治療を目指しています。 「麻酔時の注射の痛みも怖い」とお考えの方へ、治療時には自動麻酔器を導入し、出来るだけ痛みの少ない治療を行っています。
手で行う量を一定化することが難しく、痛みを感じやすいのですが、自動麻酔器ですと注射する麻酔が一定になるので痛みを感じにくくなります。
また患者様の中には「治療がどのように進んでいるのかわからず不安・・・」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。
当クリニックでは患者様への丁寧なご説明と治療内容をご理解いただくことを主眼とし、虫歯治療の際も治療箇所を口腔内カメラなどで撮影し、治療後に今現在の治療計画がどのように進んでいるかをご案内しています。
もし、その際にご不明な点があればスタッフまでお声がけ下さい。

歯周病について

– PERIODONTICS –

虫歯と同じように来院される方に多いのが「歯周病」です。
いまや、日本人の成人の8割が抱えていると言われ、歯を失う原因としてもトップです。
進行によって治療内容が異なり、また中度、重度になってからでないと気づきにくいというリスクがあります。
早期発見、早期治療のために、歯周病のことを知っていただき、ご来院をお薦めいたします。

入れ歯

– DENTURE –

保険適用だけでなく自費(自由診療)の入れ歯のご相談も受け付けています。
保険適用で作製できる入れ歯はレジン(プラスチック)で作られたものになります。費用は抑えることが出来るのですが、素材の選択はできず、強度の関係で薄く作ることが出来ないため、違和感を感じたりするかもしれません。
自費での入れ歯は形状(留め金を使わない)や床(口の中の接触部分)に使える素材の幅が広くなったり審美性が高いものがあります。
例えば「金属床義歯」では食事の際の温度が伝わりやすいため、お口の機能が今までの生活のときと近くなることが期待できます。留め金のない「ノンクラスプデンチャー」は審美性も高く、笑うときにも入れ歯が気にならなくなります。

ページトップへ戻る